自然いっぱいの曽根沼&荒神山エリアを散策

こんにちは、えーおうみサイクリングツアーズ代表のフナズシマルです!

久々に移動制限のないGW、皆さんどのように過ごされましたか?

このGW、琵琶湖の周辺はアウトドアを楽しむ人で溢れていましたね。こんな光景は久々に見ました。各地域のレンタサイクル店も連日の貸し出しで大変だったようです。

当社にも何件がお問い合わせいただきましたが、たまたま数少ないツアーと重なってしまい希望に沿うことができませんでした…。ご連絡いただいたお客様には大変申し訳ない思いです。その後どこかで借りることはできたのでしょうか? ちょっと気になっております。

さて、この春シーズンはまずは当社のEバイクに乗ってサイクリングを楽しんでいただくためのサイクリング教室やモニターツアー、イベントを各方面とコラボして企画しております。

その一つ、5月29日に開催予定の【Eバイクサイクリング体験教室in曽根沼公園】の下見に行ってきましたよ。

5月らしい絶好のサイクリング日和

出動したのは7日。当日がこんな天気だったら最高なのに…、と思うくらいのめちゃくちゃいい天気。下見にはもったいないくらいです。

今の時期、椿が満開を迎えています。山に自生している椿は花が散り始めていました。つい先日は藤棚を巡るサイクリングでしたから、つくづくサイクリングって季節を感じる遊びだなって思います。

千手寺 山門

曽根沼を出発したあと、荒神山の頂上を目指して登っていきます。普通の自転車だとかなりしんどいですが、Eバイクってホントに楽です。むしろ上り坂が楽しい!

この日も多くのハイカーの皆さんが荒神山を登っておられました。その横を注意しながらスイスイと行きます。

荒神山周辺には意外にも多くの寺社があります。数えたら10個もありました。ついでに曽根沼からだいたい半径2kmエリア(愛知川・宇曽川・JR・びわ湖に囲まれたエリア)まで広げてみたら、なんと62個もありました!

滋賀県人の信心深さがわかりますね。ちなみにそれを裏付けるデータとしては、県のHPによると人口10万人あたりの仏教系宗教法人の数は全国2位(1位は福井県)だそうです。

荒神山てっぺんからの絶景!

おそらくガチのサイクリストでもないかぎり、山のてっぺんに自転車で行ってみようと思う人はいないと思いますが、Eバイクは誰でもこの景色を味わえるのですよ。自転車も進化していますね。

ちょうど今の時期は、田植え時期なので田んぼに水が張られ、鏡のようにキラキラと空を反射しています。

頂上にある荒神山神社から150mほど歩いたところに面白いものを見つけました。

荒神山古墳のイメージ図

なんと荒神山のてっぺんに全長120m(県下2番目のサイズ)の前方後円墳があったんです。現在もその形がはっきりわかるくらいに残っています。前方後円墳とは大阪府堺の百舌鳥・古市古墳群(昔は仁徳天皇陵なんて呼んでたヤツです)が有名ですよね。あそこまで巨大ではないのですが、全長120mはそこそこ大きいほうの部類です。前方の四角いところでは祭祀を行っていたなんて聞くので、当時は荒神山の上から琵琶湖を眼下に見下ろす壮大な景色の中にあったのでしょうね。そういう意味では山そのものが古墳みたいなもんなので、スケールは決して劣らないと私は勝手に思っております。

歴史的見所も多い荒神山エリア

荒神山の周囲には昔からの街道や山城なんかもあります。中山道の上に対して下街道と呼ばれた「朝鮮人街道」。織田信長が安土を通らない中山道ではなく、安土城城下町を通らせるために中山道・鳥居本から野洲までを結んだ道と言われています。

周辺にはいくつか古い道標が残されているので、歴史ファンには楽しい道ではないでしょうか?

穴場的名所なお寺「延寿禅寺」

荒神山の裾野に沿ってプラプラと走っていると、何やら良い雰囲気のお寺発見!

調べると荒神山中腹にあった千手寺と同じく行基さんの開祖のお寺で、奈良時代に創建の禅寺とのこと。

苔むした石段や、茅葺の鐘楼が良い雰囲気を醸し出しています。

境内には竹林や青モミジが…。これは紅葉の穴場スポットに違いない! 秋には改めて訪れてみたい古刹ですね。

田んぼや畑の風景もサイクリングでは見所に…

自転車で走っているとなんでか、普通の田園風景がとても素敵な景色に変わります。

なんかね…、観光情報などで紹介される映えるスポットよりも、こういった風景を独り占めするのって贅沢じゃないですか?

特になにかあるってわけではないのですが、自分だけがその良さに気が付いたかのような気分でカメラを向けてしまいます。

この日の水田に移る雲はこの日だけの景色。その瞬間にその場所にいて、風景をめでる…。サイクリングの魅力はそんな何でもない風景に気が付くところにあります。

今は広大な麦畑が広がっていて、まるで北海道あたりにでも来たかのような錯覚すら覚えるのです。

彦根麦酒荒神山醸造所

人気でなかなか買えない彦根梨の果樹園を通り抜けると、麦畑の向こうに「彦根麦酒」さんの荒神山醸造所が現れます。

こちらでは地域で育てられた麦などを使って美味しい地ビールが作られていますよ。自転車なのでその場で飲むことはできませんが、お土産にそのビールを買って帰りました。今日の思い出とともに夜にいただきます!

曽根沼やびわ湖の美しさも堪能

あのベンチと呼ばれる写真スポット【湖岸緑地・下石寺】

荒神山からはびわ湖も自転車ならすぐです。

ビワイチ(自転車でびわ湖一周すること)のルートで、必ずと言っていいほど皆さんが足を止めるのが「あのベンチ」と呼ばれる湖岸緑地公園・下石寺です。

ここは集落の道の先で、一気にびわ湖が視界いっぱいに広がる絶景スポットなんです。

遠くには多景島や伊吹山も望め、対岸までも距離があるので海のように見えます。いつまでもずーっと見ていたくなる景色で私も昔から大好きな場所です。

そんなびわ湖の絶景をあとにして、曽根沼公園へと戻ります。

公園は大変きれいに整備されており、季節ごとに花もあちこちで咲いていて、ここで一日過ごすのも良いですね。

ちなみにキャンプもできるんですよ。実は意外と穴場だったりします。

というわけで、下見と言いつつのんびりサイクリングを楽しんでしまいました。当日もこんな景色がお見せできるといいなと思います。

↓動画も作ってみました!

開催情報など

開催日時:5月29日(日) 9時30分~13時 (受付開始は9時~)

集合場所:曽根沼湖岸緑地公園駐車場  マップ

参加費:お一人様 4,980円(税込)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。