【イベント&ツアー報告】H様・海津大崎&マキノお花見同窓会サイクリング

いつもサイクリング仲間としてご一緒させていただいているH様から、「友人をサイクリングに連れていきたいんやけど、プライベートツアーとか企画してくれる?」とのご依頼。

「もちろんです!」と引き受けさせていただきました。

さて、聞けばH様以外は普段サイクリングとかはされない方々の様子。お一人はもう〇〇年自転車乗ってないとのこと…。これは心して挑まないといけません。

初心者向けにツアーを展開している当社、そういった方に来ていただけるのはまさに本望!

今回はお花見に、とのことでしたので日程的にちょうど見頃を迎えるであろう桜スポット、「日本のさくら名所100選」に選定されている「海津大崎の桜」を見に行きました!

満開の海津大崎へ!

ということで、皆様にはJRマキノ駅まで車で来ていただき、そこからEバイクに乗って海津大崎を目指します。

海津大崎では4月9日~10日は交通規制が行われ、車はマキノから大浦方面への一方通行になります。したがって車で見に来ると、車から降りることなく通り過ぎることになるのです。

その点、自転車はいろんなところで止まりながら満開の桜を堪能することができます。

まずは駅前の広めのスペースで、Eバイクの操作方法やサイクリングにおける注意点、ガイドが出すハンドサインでの指示などについてご説明。準備体操をしたら、実際に乗ってみての練習をします。

この日の練習場所となったスペースにも大きな桜の木。

もうすでにお花見気分が上がってきますね!

そんなはやる気分を抑えつつ、準備が整ったら若干緊張しつつ出発!

マキノ駅からマキノサニービーチのところまではほぼ直線。ちょうど良い練習区間となっています。長い間自転車に乗られていなかった方も、最初はちょっと戸惑いながら緊張気味でしたが、この区間ですぐにコツをつかんでいただきました。

海津大崎は、まさに満開の桜!

これ以上ない天気に恵まれ、かつ完全にピークを迎えた桜が薄ピンク色に染まるトンネルを作ってくれていました。

しかし、さすがにそうなると車だけでなく人もバイクもたくさん通過します。初めての方にはちょっと難易度が高くなってしまったかもしれません。ただ流れは渋滞のためゆっくりなので、車の前にスペースを作りつつ進むことにしました。

この時期だけお土産屋さんが開く海津大崎。

実は何度もここにきているH様も大崎寺に入ったはないとのことでしたので、大崎寺を拝観することにしました。こんな風な寄り道は自転車ならでは。

で、お土産屋さんで小鮎の天ぷらをみんなで仲良くいただきました!

清水の桜

帰りも桜とブルーに輝く奥琵琶湖の絶景を眺めながら走ります。

これだけ風景が美しいと、申し訳ないけど屋台がどうしても無粋な感じになってしまいますね。でも皆さん見渡す限りの桜に目をきょろきょろさせておられました。

ちょこっと寄り道して、海津の石積みが見えるところへもご案内。

こういう風景って意外と知らなかったりするんですよね。

さて、思ったよりもちょっと早く戻ってこれたので、せっかくだから海津のもう一つの桜スポットへご案内しました。

「清水の桜(しょうずのさくら)」は、樹齢300年にもなる木で、海津の町はずれにある墓地にあり、長年地域の人々を見守ってきた桜なんです。

アズマヒガンザクラという種類の木で、ソメイヨシノよりも少し開花が早いのですが、今年はタイミングが一緒だったのか満開となっていました。

この場所に来るには手前の交差点にある駐車場から徒歩で来るか、細道を自転車で来ることになります。大渋滞の海津大崎に比べ、本当にひっそりと佇んでいる清水の桜。こういう場所こそ自転車だから行ってみたい場所なのです。

ランチタイム

ランチタイムは海津からちょっと離れた場所にある「ルポゼマキノ」さん。

ここは昔、企業の保養所だった施設で、今はホテルになっています。湖岸沿いの素晴らしいロケーションなんですが、ちょっと離れていることもあってか混雑することなく、ゆっくりと寛げます。

ということで、この日は全員「特大アナゴ天丼」を注文。さくさくのアナゴの天ぷらは食べ応え充分。

たいして走っていないのにお腹いっぱいになってしまいました。

マキノに来たら外せない「メタセコイヤ並木」

お腹いっぱいになったところで、腹ごなしにもう少し頑張ります。

知内川の川沿いにあるサイクリングロードは本当に気持ちの良い道でした。道の先には少し雪の残った800m級の山々が連なり、ここが滋賀県であることを忘れてしまうような景色が広がります。

あ、そうそう、山の名前を聞かれていました。おそらく方向的に「赤坂山」と「三国山」なんだと思います。赤坂山は頂上からの景色も良く、登山道も比較的初心者向けだそうなので、いつか登ってみようかな?

ということで、お決まりの場所で記念撮影!

新緑のメタセコイヤを見に行きましょう!なんて言いながら来たのですが、この時期のメタセコイヤってまだ冬仕様なんですね。知らんかった…。

ちなみに参加者の女性の方の息子さんがバイクで海津大崎に来ておられました。で、ピックランドでジェラートをみんなで食べてたら、またしても息子さん登場! さすが親子の縁のなせる業です。

マキノ駅まで皆さん無事に戻ってきました。

実は皆さん、小学校からの同級生。皆さんの会話を聞いていても、とっても仲良しなのが良くわかります!

ずっと一緒にいることができる友達ってそんなに沢山できるもんじゃありませんよね。だからこれはまさに皆さん一人一人のお人柄が良いからだと思います。小学校から引っ越しが続いたので私の場合、大学以前の友人とはすっかり音信不通となってしまっているだけに、本当にうらやましい限りです。

そんな仲良し同窓会的サイクリングのガイドですが、皆さんの友情を育む大切な時間を作ることができたでしょうか?

お帰りになる皆さんのお顔を拝見し、最後まで仲良しモード全開でニコニコおしゃべりしながら帰っていかれたところを見ると、楽しんでいただけたのかな?

私もサイクリングを通じて、そんなご縁を沢山作っていきたいものです。

今回のルートマップはこちら

Follow me!

【イベント&ツアー報告】H様・海津大崎&マキノお花見同窓会サイクリング” に対して2件のコメントがあります。

  1. みっちゃん より:

    海津大崎,メタセコイヤ並木 初心者コースに参加させていただきました。
    当日は天候にも恵まれ、自転車で風を感じる心地良さを17年ぶりに感じました。
    桜満開の海津大崎は初めてで、美しい琵琶湖とのコントラストに感動しました。
    Eバイクにも、すぐに慣れて17年ぶりのサイクリングは最高でした。翌日の筋肉痛も無く、なんだか前向きに挑戦しょう!といった気持になりました。これが一番の収穫かもしれません♪
    企画者さま、インストラクターさま ありがとうございました。

    1. eomicyclingHP より:

      みっちゃん様、先日はツアーにご参加頂き大変ありがとうございました!
      多少不安もお有りだったかと思いますが、一日楽しく過ごして頂けたことが当社としても一番のお土産です。
      是非、お友達とこれからもずっと仲良く、皆でまたサイクリングしてみてください。
      ホント皆さん見てると羨ましい〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。